2012年03月14日

「脂肪肝」とはどんな病気なの?

最近、テレビや雑誌でメタボリックなどという言葉をよく見たりすると思うのですが、
皆さんは「脂肪肝」という言葉を聞いたことがありますか?
脂肪肝」とはどんな病気なのでしょうか。


肝臓には、食事から摂取した脂肪が
脂肪酸という物に分解され、送られてきます。



食事で脂肪を多く摂取すれば、この脂肪酸が多く
肝臓に送られて来ることになるのです。


脂肪酸は中性脂肪を作り出すので、
その中性脂肪が肝臓内に蓄積されてしまうことで、
脂肪肝という物が出来上がってしまうわけです。


一般的に健常な肝臓でも、3〜5%の脂肪は蓄積されているのですが、
その脂肪の蓄積量が5%を超えた段階で、脂肪肝と判断されます。

続きを読む
posted by 肝臓病の検査と予防 at 11:21 | 脂肪肝




リンク集
肝臓病〜検査と予防のご案内〜


為替差損