2012年01月25日

日本人の場合、肝炎はC型肝炎の他にA型とB型が多い

あなたの肝臓は大丈夫ですか?
病気にかかっていることがわかりづらいと言われている肝臓ですが、
代表的な病気はなんでしょうか・・・。

それは肝炎です。約80%がウイルス性による肝炎です。


炎症の原因としては、薬剤やアルコールがあげられますが、
どうやら日本人はウイルス性によるものが多いようです。



輸血や血液製剤を体内に注入したことによって、
肝炎に感染したという話は良く聞きます。


これはC型肝炎という物です。ウイルス性肝炎は、
日本人の場合、このC型の他にA型とB型が多いと言われています。


肝炎には様々な種類がありますが、
その中でも急性肝炎と慢性肝炎とがあります。


急性肝炎の場合は潜伏期にはほとんど症状が見られないので、
ここで肝炎だと気がつく方はほとんどいません。

続きを読む
posted by 肝臓病の検査と予防 at 08:18 | 肝炎




リンク集
肝臓病〜検査と予防のご案内〜


為替差損