2012年01月26日

肝臓は人間が生命活動を行っていく上で重要な臓器

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど症状が現れにくい臓器です。
ではこの肝臓はどんな役目をしているのか説明しましょう。


人間の体内の中で最も大きな臓器である肝臓は、
体重の50分の1を占めています。



肝臓は人間が生命活動を行っていく上で、
非常に重要な臓器なのです。


ではなぜ肝臓は「沈黙の臓器」と言われるのでしょうか。


それは多少機能的に障害が起こっていても
症状が現れにくい臓器からです。


肝臓の大きな役目は3つに分けられます。


まず1つ目は、人が生きていく上でもっとも大切な
栄養素である3大栄養素の代謝と合成です。



大栄養素とは、「たんぱく質」「糖質」「脂質」です。

続きを読む
posted by 肝臓病の検査と予防 at 08:13 | 肝臓の役割




リンク集
肝臓病〜検査と予防のご案内〜


為替差損